数十年の努力に経て、CHINTAIはもはや台湾国内有数のマットレス専門会社に成長してきました。1966年、CHINTAIの前身「進泰弾簧廠」は台南市に創立されました。その中心業務はマットレス用のスプリングの製造と販売でした。独特なコイル開発技術と量産技術により、短い期間に、CHINTAIはマットレス業界に名声を響き渡り...

 

 

 

 

 

 

 

 

 







 1966   台湾台南市にて前身―進泰弾簧廠を設立し、マットレス用コイル製造、販売を開始
 1967   急速に成長していた業務に応じ、工場を台南県に移転
 1968   国内製自動コイル製造機を導入し、生産ラインの初期自動化を達成
 1972   新製品−スプリングベッドを発表し、マットレス市場に参入
 1973   会社名は進泰弾簧床有限公司(Chintai Spring Bed Co., Ltd.)に変更
 1975   自社ブランド−進泰親親床を発表.
コーポレートアイデンティティ(Corporate IdentityCI)を発表
 1979   業務成長に応じ、台南県永康市に大型工場を建て、生産業務を統合
 1980   スイスSpühl社製マットレス用ミシン機を導入
 1981   スイスSpühl社製自動コイル製造機を導入
 1982   イタリアMECA社製キルティング機を導入
業務により、再びスイスSpühl社製自動コイル製造機を導入
 1983   香港輸出をきっかけに輸出業務を開始
 1986   日本市場に進出
 1989   イギリスP. Fanghand & Co. Ltd.社製マットレス用ミシンを導入   
 1991   台湾国内初めのSpühl社製Transfer Machineを導入し、「素材から製品まで」一貫した生産ラインを完成
 1993   ブランド−「Banbi」シリーズが発足
 1995   ブランド−「OURS」シリーズが発足
 1997   マルチプル・スプリング・システム(M.S.S)を開発、人体に緻密に対応できる「エルゴノミクマットレス」を発表
 1998   優れる弾力をもつ「Eu-latic coil」を開発し、「ユ・ラティクマットレス」を発表
 1999   オセアニア市場に進出
 2000   ブランド−「Easy Body」シリーズを開始
 2001   イタリアMECA社製キルティング機−Target90を導入
 2002   Eu-laticU coil」を開発し、新製品「ユ・ラティクマットレスU」を発表
 2003   企業文化に応じ、コーポレート・アイデンティティ(CI)を更新。新型CIは世界語の英語をベースに、CHINTAI    の国際化をイメージし、穏やかな黒色と灰色は「質実剛健」の企業文化を表し、活気のある紅色はコイルマークを形成し、卓越への情熱と専念をシンボル
 2004   ISO90012000認証を獲得(認証番号 No. QAIC / CN /387)
ブランド−「Astoria」シリーズが発足
新型コイル技術−「Flexible Supporting Device」を開発し、ライセンスを獲得( No. M248326 )